歯科金属アレルギー外来|金属アレルギーの検査と治療
口臭外来|口臭検査と治療

象牙質知覚過敏症

象牙質知覚過敏症

こんにちは、受付の鎌田です。

今日も暑いですね。暑い日が続くと冷たいものを口にする機会が多いかと思います。

冷たいものを口にした際、『あれ、しみる?痛い?』と感じたことありませんか?

もしかしたらそれは知覚過敏かもしれません。今日はそんな知覚過敏のお話しです。

 

むし歯(齲蝕)がないのに冷たい水や、冷たい空気を吸い込んだときにピリッとした電撃性の痛みを感じることがあります。このような場合、象牙質知覚過敏症になっていることがあります。

原因としては象牙質には象牙細管という細い細管が無数にあり、これは歯髄(歯の神経)とつながっています。象牙細管は通常エナメル質あるいは一部歯肉におおわれ表面に露出してませんがこれが露出してくると外からの刺激(冷水、冷風などの刺激)が象牙細管を通して歯髄まで伝わり、痛みを感じます。

露出する原因としては加齢あるいは不適切なブラッシング法により歯肉が下がることによります。

治療方法は象牙細管細管を封鎖することを目的に薬剤塗布などを行いますが楔状欠損がある場合にはむし歯(齲蝕)と同じ処置が必要となります。またこれら治療が効を奏しない場合には歯の神経をとることもあります。

そうならない為にも正しいブラッシングを歯科医院で教えてもらうのもいいですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

飯田橋 歯医者|オリオン歯科 飯田橋ファーストビルクリニック

日付:  カテゴリ:未分類