歯科金属アレルギー外来|金属アレルギーの検査と治療
口臭外来|口臭検査と治療

お知らせ

ホワイトニングのご案内

10月でオリオン歯科飯田橋ファーストビルクリニックは、2周年を迎えました。

これからも、スタッフ一同力を合わせて頑張って参りますで宜しくお願いします。

 

飯田橋クリニックでは、ご好評につきホワイトニングをオススメしてます。

年内施術に限り、オフィスホワイトニング4万→3万

ホームホワイトニング3万→2万

デュアルホワイトニング5万   でご提供させていただきます。

この機会にぜひお試し下さい!!

 

飯田橋 歯医者|オリオン歯科 飯田橋ファーストビルクリニック

日付:  カテゴリ:未分類

ICOI 第31回世界学術大会

こんにちは、歯科衛生士の菊地です。

10月3日から5日までの3日間、国際フォーラムにてICOIというインプラントの学会に参加してきました。

IMG_5625

 

わたしはその中のADIAインプラント認定衛生士指導者プログラムというものを受けてきました。

最初の30分は通訳なしというハプニングもありましたが、汐留クリニックの南先生たちが通訳をしてくれ、オリオン歯科から参加した歯科衛生士4名が無事にサティフィケートをいただきました。

世界的に有名な先生たちの講演も聞けてとても勉強になった3日間でした。

IMG_7538

 

 

 

 

飯田橋 歯医者|オリオン歯科 飯田橋ファーストビルクリニック

日付:  カテゴリ:未分類

クリーニングとは?

こんにちは!歯科衛生士の栁川です。昨日ブドウを食べていたら歯に着色していて慌てて磨きました。

患者さんの中でクリーニング希望でいらっしゃる方が多いですが、クリーニングといってもいろいろ種類があります。

まずは保険で行なう歯石取りです。通常1回から2回に分けて行ないますが保険で行なう場合、原則的には歯石のみになってます。歯石を取るときに一緒にある程度の着色はとれるのですがあまりに多く付いている場合などは取りきる事ができません。

順序としては超音波の機会をつかって大きな歯石を取った後に細かい歯石を専用の機械を使ってとります。

imagesimages-1

このままでは歯の表面が傷ついたままになってしまい返って汚れが付きやすくなってしまうので研磨をします。

images-2

 

当院ではまず歯の上の歯石取りをこのような形でさせていただいてます。

更にしっかり着色を取りたい場合はPMTCというものがありあすのでまたご案内します。

飯田橋 歯医者|オリオン歯科 飯田橋ファーストビルクリニック

日付:  カテゴリ:未分類

噛まない子の特徴

こんにちは、受付の鎌田です。

台風も過ぎ今日はいいお天気ですね。

さて、今回も前回に引き続き『噛まない子の特徴』、残り2パターンについてお話したいと思います。

まずは

・『口にためてなかなか飲み込まない子』

食事時間が長く、食が細く、偏食がみられがちで硬いものが噛めないという特徴があります。離乳食のステップが適切でなかったり、朝食を欠食しがちといった食事環境がみられます。

3つめは

・『口にためたまま、チュッチュ吸う子』

なかなか飲みこない子と同様に食事時間が長く、口の動きが鈍いという特徴があります。日常生活で疲れやすかったり、スプーンや箸をよく落としがちです。

 

それぞれ特徴がありますが共通しているのは、口の動きや、手先の動きがまだ十分に発達していない子であることです。年相応ということにあまりこだわらず、その子にあった食事や食べ方を心がけてあげるのもいいかもしれませんね。

 

飯田橋 歯医者|オリオン歯科 飯田橋ファーストビルクリニック

日付:  カテゴリ:よくある質問, 未分類

CAD/CAM!!

みなさんこんにちは。

秋らしい気候になりずいぶんと過ごしやすくなりましたね。

昨日は秋晴れのいいお天気で外に出かけて買い物でもしたい感じでしたが、昼過ぎから室内にこもってセミナーに参加してきました。

今回参加した内容は『CAD/CAM』と言われる機械についての内容でした。

そもそもCAD/CAMとはどんなものなのか?と言いますと

CAD/CAM  Computer-Aided-Design/Computer-Aided Manufactureing

の頭文字の略語なんですね。

computerの助けを借りてデザインをし、computerの助けをかりて作るということが直訳になりますでしょうか。

工業界ではすでに実用化されてずいぶん経つ技術で、金属のブロックをcomputerで設計した通りに削り出すこと等に使われているようです。

最近はこの技術を歯科業界でも応用して使われるようになってきました。

当院ではジルコニアと言われる材料の詰め物や被せものはこのCAD/CAMを利用して作成してもらっています。

ジルコニアに関してはまた別の機会に詳しくお話したいと思いますが、非常に耐久性があり、また表面つるつるしているので汚れが付きにくく、そして色も歯に似ているのでオススメの材料です。

材料に限らずですが、お口の中には髪の毛1本を異物として感じ取るくらいすごく精度の高いセンサーがあるので、紙1枚分の厚みが違うだけで噛み合わせはだいぶ違和感を感じます。

ですので、実際の詰め物や被せもの作成はコンマ数ミリ以下での調整を行なわれていますし、凄く精度が良くないといけません。

今回のセミナーではイタリアやドイツで使われている技術を見せてもらうと同時に実際にお口の中でやってみた症例などを見せてもらいました。

法律の関係で日本ではまだ認可がおりていない材料もある為、今日からすぐに使用することは出来ませんが歯科の技術はすごく進化しているんだなとつくづく思いました。

ちまたで話題のiphoneですが初代は2007年発売です。これが7年間に進化を遂げて、現在一番新しいものは画面は大きくなり厚みは薄くなっているにも関わらず処理能力は50倍にもなるそうです。

この7年間でこれほどの技術進化があるわけですので、歯科の業界もまだまだ進化し続けるんでしょうね!!

置いてけぼりにならないように頑張って勉強します!!

飯田橋 歯医者|オリオン歯科 飯田橋ファーストビルクリニック

日付:  カテゴリ:むし歯, 審美治療

歯周病の原因

こんにちは、菊地です。

朝晩はめっきり涼しくなってきましたね。

夏の疲れが一気に出て体調を崩す秋バテなるものが流行っているらしいので、皆さん気をつけてくださいね!

 

さて、今日は歯周病の原因についてお話しさせていただきます。

歯周病の原因となるのはプラークや歯垢とよばれる細菌です。

歯の表面に付いている白くて柔らかいもの、これがプラークです。プラークはただの食べカスではなく、細菌の塊なのです。

このプラークが時間が経つと硬く石のようになります。それが歯石です。

プラークや歯石が歯ぐきに付着することによって毒素を出し歯を支えている周りの組織を破壊するのが歯周病なのです。

ですので、このプラークをきちんと取り除くことで歯周病を予防することが出来ます。

プラークは柔らかいので歯ブラシで落とすことは可能ですが、歯石は歯ブラシでは落とすことが出来ません。

1日3回食後にきちんと磨いていても、磨き癖などで多少プラークが残ってしまうこともあります。

ですから定期的に検診とクリーニングをすることで、むし歯だけでなく歯周病の予防や早期発見、早期治療をすることができるのです。

痛みがなくても皆さん是非定期検診を受けに来てくださいね。

 

それでは☆

 

飯田橋 歯医者|オリオン歯科 飯田橋ファーストビルクリニック

日付:  カテゴリ:歯周病

歯ぎしりをする

こんにちは、衛生士の久保です。すっかり涼しくなりましたね。

今日は、前回の関連で歯ぎしりについてです。

 

歯ぎしりは、英語でブラキシズムと言い、強い力で長時間行なっていた場合にはあごの関節や筋肉・歯や歯周組織ダメージが残る場合がありますので、歯科では悪習癖とされています。また夜間のブラキシズムは、睡眠の質と関係があると言われています。

グラインディング→歯をすり合わせる動作

クレンチング→位置の移動はなく強く噛み合わせる動作

タッピング→開閉口を反復する

 

対処法は、自己暗示やストレス解除のためのリラクゼーションが有効かもしれません。

必要であれば、樹脂製のナイトガードを就寝時に装着することで、歯同士の直接的な接触が避けられるので、負担が減り、音も軽減できます。

 

飯田橋 歯医者|オリオン歯科 飯田橋ファーストビルクリニック

日付:  カテゴリ:未分類

噛まない子の特徴

こんにちは、受付の鎌田です。

以前、衛生士の久保さんが『噛む』ことの大切さをお話ししましたが、今日はそれに引き続き『噛まない子の特徴』についてお話します。

『噛まない』と言われる子は、3つのパターンに分類することができます。

・『よく噛まないで、飲み込むようにして食べがちの子』

口いっぱいに食べ物をほおばり、食事時間が短く、よくおかわりをするという食べ方に代表されます。子供を少し急がせすぎたり、離乳の完了が早い、親が一緒の食べないといった環境の特徴もみられます。

後、2つパターンがありますが次回、お話ししたいと思います。

飯田橋 歯医者|オリオン歯科 飯田橋ファーストビルクリニック

日付:  カテゴリ:よくある質問, 未分類

デンタルフロス

朝晩がとても涼しくなってきましたね。歯科衛生士の栁川です。先日、フロスをしている

とフロスが引っかかってしまいました。これはまさか…のむし歯ができてました。

皆さん普段フロスをされていますか??薬局などで見たことはあるかと思いますがこういった物です。

image9h06images

 

おなじデンタルフロスでもたくさんの種類があるのですが

一番スタンダードなものが左端の指に巻いて使うタイプの物です。こちらはワックスタイプとアンワックスタイプのものがあります。

ワックスがついていると滑りがよく使いやすいのですがアンワックスタイプのほうが汚れはよくとれると言われてます。

やり方は少し難しいのでまた次の機会に更新します。

真ん中のものがウルトラフロスといいます。上で説明したものをできれば使って頂くのがベストですが難しいので元から持ち手がついているものになります。

このウルトラフロスの良い所は右端の糸ようじタイプとは違い奥歯に使いやすいように作られています。

ここにあげたフロスの他にもまだまだたくさんのフロスがありますが

歯と歯のあいだはフロスでなければ汚れは落ちません。

毎日続けられるものを選択してむし歯&歯周病を予防しましょう!!

 

 

 

飯田橋 歯医者|オリオン歯科 飯田橋ファーストビルクリニック

日付:  カテゴリ:未分類

シンポジウムに参加してきました

こんにちは、歯科衛生士の菊地です。

最近不安定な天気で困りますね。

 

今日は歯周病のお話はちょっとお休みさせていただいて、日曜日に参加してきたシンポジウムのお話です。

ノーベルバイオケアという世界的に有名なインプラントメーカー主催のシンポジウムが5日の金曜日から7日の日曜日まで3日間にわたって行なわれました。

世界的に有名なドクターの発表もあり、たくさんの先生や衛生士、スタッフ、技工士さんや学生が参加していました。

わたしは日曜日しか参加できなかったのですが、インプラント治療を行なう先生のお話、技工士と衛生士のダブルライセンスを持つ方のお話、インプラントのメインテナンスを行なう衛生士さんのお話などが聞けて、とても勉強になりました。

インプラント治療を行なう患者さんは増えてきていますが、かぶせたら終わりというわけではありません。

ご自分の歯と同じようにきちんとメインテナンスをしていく必要があります。

歯科衛生士として、少しでも長くインプラントとお付き合いできるようなお口の環境を守っていくお手伝いができればいいなと改めて思いました。

 

午後は理事長や山崎先生たちと合流し、インディアナ大学の特別講演に混ぜていただき脳神経外科医の福島孝徳先生のお話を聞かせていただきました。

神の手をもつと言われている先生は、休みなく働いているパワフルな方でした。

ドキュメンタリーコミックが発売されているそうなので読んでみたいです。

 

それでは☆

飯田橋 歯医者|オリオン歯科 飯田橋ファーストビルクリニック

日付:  カテゴリ:未分類