歯科金属アレルギー外来|金属アレルギーの検査と治療
口臭外来|口臭検査と治療

カテゴリ: よくある質問

歯はなぜ割れるの?

衛生士くぼです。

夏休みも中盤に差し掛かり、暑い夏を満喫していますか?

そんな暑い夏によくすることのひとつに氷を食べる、みなさんよくしませんか?

氷を噛み潰すときの『ガリっ』という力は、思いのほか大きな衝撃力でそれだけで歯が割れる原因となります。

食事や歯ぎしりなどの小さな力でも、繰り返しかかる力はヒビや亀裂の原因になります。また、神経の生きている歯のほうがヒビや亀裂が入りにくく、比べて神経を取ってしまった歯は、その後の経過時間が長くなるにしたがって割れる危険性がより高くなります。

元々噛む力が強い人や歯ぎしりなどする人は、想像できないほどの力がかかり、特に奥歯では割れる危険度はかなり高くなります。

歯が割れる原因は、歯にかかる過大な力およびその繰り返しと歯、特に根の強度の低下が限界に達したことによると考えられます。

歯は、固い物質ですが、条件次第では欠けたり割れたりすることもあるので注意が必要ですね。

飯田橋 歯医者|オリオン歯科 飯田橋ファーストビルクリニック

日付:  カテゴリ:よくある質問

ホワイトニングのお話

こんにちは。歯科医師の山崎です。

今日は、ここ最近お問い合わせが多かったホワイトニングについてお話します。

歯のホワイトニングとはその名前の通り歯を白くするものですが、実際にはどのよう方法があるのかご説明していきたいと思います。

また、クリーニングとホワイトニングを同じものだとお考えの方もいらっしゃるみたいなので、まずはクリーニングとホワイトニングの違いからお話したいと思います。

 

=クリーニングとは=

クリーニングとは歯の周りの汚れや歯石、着色などを取り除くお口の中のお掃除のことです。コーヒーや赤ワイン等、色の濃い物をよくお召し上がりになる方やタバコを吸う方は、食べ物・飲み物やヤニの色が歯にもついてしまいます。歯の周りについた沈着物を取り除くことにより元の歯の色に戻すことができます。髪の毛のお手入れで例えるとシャンプーをすることだと思って頂ければと思います。

=ホワイトニングとは=

ホワイトニングは歯の色そのものを変える方法です。歯科医院で行なうオフィスホワイトニングとご自宅で行なうホームホワイトニングとがあります。どちらも特殊なお薬をつかって、歯の色そのものを変えていきます。髪の毛のお手入れで例えるとカラーリングだと思って頂ければと思います。

 

次にホワイトニングの方法について細かくお話しましょう。

〜オフィスホワイトニング〜

歯科医院でホワイトニングを行なう方法です。歯に特殊な薬液を塗り、光を当てることにより化学反応を起こして歯を白くしていきます。即効性があり短時間で歯を白くできますが、色の後戻りが早いという欠点があります。近日中に結婚式や面接があるので口元の印象を変えたいという方などにおすすめです。

〜ホームホワイトニング〜

ご自宅でホワイトニングを行なう方法です。歯科医院で歯型をとり、専用のマウスピースを作成します。マウスピースに専用薬剤を塗り、それをはめた状態でしばらく薬剤を作用させます。自分の都合の良い時に自分のペースでできますし、時間をかけてやるぶん後戻りが少ないというメリットがありますが、効果が現れるまでに時間がかかるため、即効性は期待できません。

〜デュアルホワイトニング〜

オフィスホワイトニングとホームホワイトニングの両方を併用する方法です。両方の良い所を生かし、悪い所を補えるので効果は抜群です!!3つの方法の中で最良の効果をもたらします。

 

最近は女性だけでなく男性の方もホワイトニングをご希望されるかたも増えてきています。結婚式前に新郎・新婦のお二人でホワイトニングをされる方もいらっしゃいます。人生において特別な日ですので、それに向けてエステに通われたりヘアーメイクをしたりと同じように口元もケアしてあげることが大切ですからね。

口元がキレイになることによって顔の表情もずいぶん印象がよくなると言われていますので、普段からお話をよくされるお仕事の方にもおすすめです。

ホワイトニングのご希望やご不明点などがありましたら、お気軽にスタッフにお声かけくださいね。

飯田橋 歯医者|オリオン歯科 飯田橋ファーストビルクリニック

日付:  カテゴリ:よくある質問, 審美治療

こんな時・・・

こんにちは、歯科衛生士の菊地です。

蒸し暑い日が続きますが、体調をくずされたりしていませんか?

 

8月に入り学生さんは夏休みに入っているかと思います。

遊ぶ時間や部活をする時間が増え、怪我が多い時期でもありますよね。

転倒したり、ボールが顔面にぶつかり歯が抜け落ちてしまった!

なんてこともあるかと思います。

もし歯が抜け落ちてしまったら、一体どうしたらいいのでしょうか。

抜けた歯を拾い、すぐに歯医者に行きましょう。

その際注意しなければいけないのは、まず歯を触る位置です。

歯は、お口を開けた時に見える歯冠部と歯ぐきの中にうまっていて普段は見えない歯根部で形成されています。

歯根の周囲には歯根膜という歯と周囲の骨を連結している組織があります。

この歯根膜をいかに残すかが重要なのです。

また、抜け落ちた際に砂利などが付着したとしても、こすって洗ったりしないようにしましょう。

そして次に保管方法です。

生理食塩水があればその中に浸けておくのが一番いいのですが、生理食塩水を常備していることってなかなかないですよね。

そういった時は牛乳に浸けると効果的です。

牛乳に浸ける時も歯根には触れず、汚れていても洗ったりしないでくださいね。

そして出来るだけ早く歯医者に行きましょう。

抜け落ちてしまった歯を元に戻せるかは、時間と歯根膜が重要です!!

 

それでは、怪我などしないよう夏休みを楽しんでください♪

 

 

 

 

飯田橋 歯医者|オリオン歯科 飯田橋ファーストビルクリニック

日付:  カテゴリ:よくある質問