歯科金属アレルギー外来|金属アレルギーの検査と治療
口臭外来|口臭検査と治療

むし歯 C4

むし歯 C4

おはようございます。

歯科衛生士の柳川です。さて夏とともに始まったむし歯シリーズも夏とともに終わりを迎える日がやってきました。

今日はむし歯の最後、C4について書かせて頂きます。

C4とは歯の根っこを通り過ぎて細菌が顎の骨の中まで侵入して顎の骨を溶かした状態をさします。

images-1

急性症状が出てしまった場合は痛みも激しく、高熱がでたり、顔が腫れ上がる事もあります。

慢性経過の場合は骨の中に膿の袋が出来てそれが大きくなると歯ぐきにニキビのようなものが出来ます。

images-2

慢性のものではむし歯が大きすぎて歯を残す事が出来ず抜かなければならないことも少なくありません。また残せる場合通常はC3の時と同じような治療になりますが状況があまり良くないので以前の健康な歯と同じように長くずっと使えます!というのは難しいでしょう。

今回段階別にむし歯について書いてきましたが読んで頂いてお分かりのように早く見つかれば小さな治療で済みます。

痛みが出てから歯医者さんに行くとしばらく通わなければいけなくなってしまいますので、何ともなくても定期検診でいらして頂くのをオススメします。

 

飯田橋 歯医者|オリオン歯科 飯田橋ファーストビルクリニック

日付:  カテゴリ:むし歯