入れ歯・義歯

入れ歯でお悩みの方

入れ歯でお悩みの方入れ歯は治療期間が短いうえに、保険診療のものであれば低価格で作製できます。

しかし、ご自身の口に合わない入れ歯を使用すると、装着中に違和感を覚えたり外れたりする恐れがあります。これは、入れ歯が口に合っていなかったり、調整をしていなかったりすることが原因です。

反対に、口に合う入れ歯になるよう調整すれば、快適にご使用いただけます。 当院は、患者さまのお口の状況や噛み合わせ、ご希望などをお伺いしながら最適な入れ歯を作製しております。

当院の入れ歯の種類

部分義歯

金属床義歯

金属床義歯金属床(きんぞくしょう)義歯とは、床部分が金属製の入れ歯です。金属は耐久性に優れているため、薄く作製できます。それにより、フィット感が高まり、違和感なくご使用いただけます。

さらに、金属は熱伝導性に優れているため、飲食物の温度がしっかりと伝わります。

フレキシブルデンチャー

フレキシブルデンチャーフレキシブルデンチャーは、金属の留め具がないタイプの部分入れ歯です。口を開けたときに留め具が見えないため、審美性に優れています。

保険診療の入れ歯と比べてつけ心地も優れていると好評です。基本的に、口の状態を問わずに適用できるうえに、長期間使用してもほとんど変色しません。 さらに、お手入れは柔らかいブラシで水洗いするだけですので、品質を容易に保てます。

総義歯

オーバーデンチャー

オーバーデンチャー全ての歯を失った場合には、総入れ歯を適用します。オーバーデンチャーは、顎の骨に2~4本のインプラントを埋入して、磁石が放つ磁力によって入れ歯を安定させる治療法です。

ワンタッチで簡単に取り外せるため、ご高齢の方でも簡単に扱えます。さらに、金具がついていないため、審美性にも優れています。

マグネットデンチャー

マグネットデンチャーマグネットデンチャーには、磁性アタッチメントという根面に磁石のプレートがついています。

歯の頭の部分に装着したマグネットと入れ歯の磁石のプレートが引き合うことで固定する仕組みです。強力な磁石を使用するため、優れたフィット感を実現します。

入れ歯についてよくある質問

入れ歯は定期的なチェックが必要と聞いたのですが、なぜでしょうか?

入れ歯を使用していると、顎の骨や歯茎が痩せることで口の状態が変化するため、入れ歯が次第に合わなくなります。

その結果、装着中の違和感や外れてしまうなどのトラブルが起きるため、定期的に入れ歯を調整する必要があります。

入れ歯はどうやってメンテナンスすればいいのでしょうか?

入れ歯を清潔に保つには、1日1回は必ず洗浄する必要があります。入れ歯用ブラシで丁寧に優しく磨きます。頑固な汚れは歯磨き粉を使ってください。なお、歯石は歯ブラシでは落とせないため、歯科医院で除去してもらいましょう。

また、細かな汚れは入れ歯用ブラシだけで落とすことが難しいため、定期的に入れ歯洗浄剤を使用してください。入れ歯は水を入れたコップに保管して乾燥を防ぎましょう。

入れ歯に対してホワイトニングは行えますか?

ホワイトニングは天然歯にのみ作用するため、入れ歯には効果がありません。

天然歯と入れ歯の色調に差がある場合は、天然歯の色調をホワイトニングで調整することで、全体的に美しい口元を表現できます。

一番上に戻る一番上に戻る
03-3818-461803-3818-4618 アクセス