小児歯科

小さい頃からのケアが大切

小さい頃からのケアが大切乳歯を覆うエナメル質は大人の永久歯のエナメル質と比べて厚さが約半分しかありません。そのため、むし歯にかかりやすいうえに進行しやすいのです。乳歯はいずれ永久歯に生え変わりますが、どちらも食事をとるために欠かせません。

また、乳歯のむし歯を放置すると、発音や骨格の成長に悪影響を及ぼす可能性もあります。そのため、乳歯のむし歯は放置せずに、治療を受けることが大切です。

当院には、女性の歯科医師が在籍しているため、男性の歯科医師が苦手なお子さまも安心してご来院いただけます。女性ならではの柔らかい対応を心がけておりますので、お気軽にご相談ください。

むし歯予防のポイント

1.おやつの時間を決めてだらだら食べを避ける

おやつの時間を決めてだらだら食べを避けるむし歯は、糖質から酸を作って歯を溶かす病気です。そのため、おやつの時間を決めずにだらだら食べをすると、口の中に糖質がある時間が長くなり、結果的に歯が溶かされやすくなります。

おやつの時間を可能な範囲で決めておき、だらだら食べを防ぐことが大切です。

2.3歳以下のお子さまには糖質が少ないおやつを与える

3歳以下のお子さまには糖質が少ないおやつを与えるむし歯のリスクを少しでも下げるために、チョコレートやガムなど糖質を多く含むおやつを避け、おにぎりや野菜などを与えることをおすすめします。

特に、3歳以下のお子さまはむし歯のリスクが高いため、糖質が多いおやつは避けた方がよいでしょう。

3.食後の歯磨き習慣を身につけましょう

食後の歯磨き習慣を身につけましょうおやつを食べた後は、できるだけ早く歯磨きをして口の中の糖質を洗い流すことが大切です。外出先で歯磨きをするのが難しい場合は、お茶や水でうがいだけでもさせましょう。

小児歯科のメニュー

フッ素塗布

フッ素塗布歯の表面にフッ素を塗り、歯質を強化する処置です。また、細菌の繁殖を抑えたり、歯から溶け出したミネラルを歯に戻す再石灰化を促したりできます。

フッ素塗布には痛みを伴わないため、お子さまでも気軽に受けていただけます。

シーラント

シーラントシーラントとは、食べかすが詰まりやすくて歯ブラシが届きにくい奥歯の溝を歯科用プラスチックで塞ぐ処置です。乳歯や生え立ての永久歯など、むし歯になりやすい歯を守れます。

歯磨き指導

歯磨き指導

日々の歯磨きは、むし歯や歯周病を防ぐために欠かせません。ただし、やみくもに歯磨きをするだけでは、歯垢を徹底的に取り除くことができないため、いずれむし歯になってしまいます。

そのため、歯科医院でブラッシング指導を受けて、正しい歯磨きやお子さまに適した歯ブラシの選び方を知ることが大切です。当院では、毎日のセルフケアの質を高めていただくために、さまざまなアドバイスをしております。

小児矯正

小児矯正歯並びが乱れていると、固いものをしっかり噛めず、栄養の摂取に影響が及ぶ可能性があります。また、口元の自信が失われ、人前で笑顔になれなくなる場合もあるでしょう。

当院では、お子さまの顎の成長を利用して、将来的に歯を抜かずに歯並びを整える治療を行っております。 また、小児矯正は大人の矯正と比べて治療中の痛みが少なく、費用負担や治療期間も最小限に抑えられます。

噛み合わせは、姿勢や発音にもかかわる重要な要素ですので、お子さまの明るい未来を守るためにも、歯並び・噛み合わせが気になる方はお気軽にご相談ください。

一番上に戻る一番上に戻る
03-3818-461803-3818-4618 アクセス