審美治療

審美治療の症例はこちら

審美治療とは

審美治療とは審美治療では、「奥歯の銀歯が目立つため白い歯にしたい」、「歯並びを手軽に整えたい」など、口元の美しさと機能面の両方に着目した治療を行います。

「よく噛めるか」、「他の歯と噛み合うか」など、機能面を最優先にするため、「見た目はよいが噛めない」といった問題が起こる心配はほとんどありません。 よく噛めない状態では、胃腸に負担がかかったり、全身に不調をきたしたりする恐れがあります。また、歯ブラシが届きづらいために、虫歯や歯周病のリスクが高まり、結果的に歯を失う可能性もあるのです。

オリオン歯科飯田橋ファーストビルクリニックでは、美しい口元を保っていただくための審美治療をご提供しておりますので、口元に自信がない、機能面と審美性に優れた歯を手に入れたい方はお気軽にご相談ください。

ビジネス面での効果絶大

ビジネス面での効果絶大歯の健康と美しさについては、女性だけではなく男性の患者さまにも興味をお持ちいただいています。ビジネスの場では、相手に与える印象が結果を大きく左右する場合があります。

口元を美しく整えることで、取引先や営業先の担当者から好印象を持たれて、ビジネスが成功しやすくなるでしょう。

銀歯でお困りの方へ

銀歯でお困りの方へ保険診療の虫歯治療では、奥歯に銀歯を使用することが一般的です。銀歯は加工しやすくて安価で製作できますが、口を開けたときに目立ちます。

また、金属イオンが溶け出して歯茎が黒ずんだり、金属アレルギーを発症したりする恐れもあります。 当院では、周りの歯と調和する自然な白さの詰めもの・被せものをご提供しておりますので、虫歯の治療痕が目立ちません。

セラミック治療とは?

セラミック治療とは?セラミック治療とは、虫歯治療によって削った歯質をセラミック製の詰めものや被せもので補う治療法です。

セラミックは、天然歯に近い自然な白さと質感を再現できるうえに、耐久性や生体親和性にも優れています。銀歯をセラミック製のものに交換したり、歯の見た目を白くしたりと、さまざまな用途で使用できます。

当院が取り扱う素材

被せ物の種類

オールセラミックス

オールセラミックスオールセラミックとは、セラミックのみで作製した詰めもの・被せもののことです。金属を一切使用しないため、金属アレルギーや歯茎の黒ずみなどが起こりません。

また、審美性にこだわることで、周りの歯となじむ色調になります。保険診療のプラスチックの補綴物は、着色汚れがつきやすいため、黄ばみや黒ずみに悩まされがちです。 セラミックは、着色汚れや歯石をクリーニングで落とせるため、審美性に優れた状態を長く保てます。

ただし、値段が高めなことと、割れやすいことに注意が必要です。

オールジルコニア

オールジルコニアジルコニアは人工ダイヤモンドと同じ元素を持つ素材で、優れた強度と耐久性を持ちます。そのため、噛み合わせが強い奥歯やブリッジにも使用できます。

また、ジルコニアをフレームに使用した被せものは、金属製のフレームのように色が透けません。さらに、表面の色調を調整することで、天然歯に近い見た目に整えることも可能です。

e-max

e-maxe-maxは、オールセラミックの一種で、天然の歯と同等かそれ以上の透明感を持ちます。また、形を自由に変えられるため、周りの歯になじむように作れます。

そのため、口を開けたときに目立つ前歯の審美治療におすすめです。もちろん、金属を使用しないため、金属アレルギーの方も安心して使用できます。

詰め物の種類

ゴールド

ゴールドゴールド(金合金)は、金やプラチナ、その他の金属で作られる素材です。金属アレルギーが起こりにくく、腐食しにくいため、歯の機能を長く保てます。

また、噛み合う歯を傷つけにくく、割れにくいことも特徴です。さらに、適合性に優れているため、歯と補綴物のすき間が生じて虫歯が再発するリスクを抑えられます。 ただし、とても目立つため、通常では奥歯のような見えにくいところに適用することが一般的です。

前歯の色を白くしたい方

ラミネートべニアとは

ラミネートべニアとはラミネートべニアは、歯の表面に薄いセラミックを貼り付けて、見た目を整える治療法です。接着性レジンを用いて、セラミック製のシェルを歯に貼り付けます。

爪でいうところのネイルチップをイメージいただくとわかりやすいでしょう。天然歯を削る量を最小限に抑えつつ、見た目を改善できるため、歯の寿命をほとんど縮めることなく審美性を取り戻せます。

一番上に戻る一番上に戻る
03-3818-461803-3818-4618 アクセス