歯科金属アレルギー外来|金属アレルギーの検査と治療
口臭外来|口臭検査と治療

親知らずが痛む

親知らずが痛む

皆さんすっかり秋ですね。。歯科衛生士の栁川です。

夏を思う存分遊びすぎてお疲れではないですか?疲れがたまって抵抗力がおち、親知らずがいたくなった経験はありませんか?

まず親知らずとは一般的に上下左右4本あると言われてますがもともと無い場合もあります。生えてくる時期はだいたい二十歳前後です。

また、親知らずは歯列の一番後ろに生えてくるので生えてくるスペースが足りなかったり方向がまっすぐ生えてこなかったりしやすいのでそれにより歯ブラシが届きにくかったりしやすくむし歯や歯のまわりの歯ぐきが炎症を起こしやすくなります。

上の歯より下の歯の方が発症しやすく赤く腫れたり口が開きにくくなります。痛みが強いときには痛み止めを服用しながら歯のまわりを洗浄したり抗菌剤のお薬を出す必要があります。

これで症状が消えれば良いのですがさらに進んでしまうと舌の下や首、のどの方まで炎症が広がり息がしづらくなってしまったりすることがありますので軽度の症状のうちに歯科を受診するようにしてください。

一度こういった智歯周囲炎(ちししゅういえん)を起こしてしまうと何度も繰り返しやすいので親知らずを抜くのが根本的に再発を防ぐことになりますね。

少し怖いかもしれませんが一度歯医者さんに相談してみて下さい!

 

 

飯田橋 歯医者|オリオン歯科 飯田橋ファーストビルクリニック

日付:  カテゴリ:未分類