歯科金属アレルギー外来|金属アレルギーの検査と治療
口臭外来|口臭検査と治療

カテゴリ: 未分類

歯科医院の年末

こんにちは、歯科医師田村です。

クリスマスまであと4日ですが、先週クリスマスの記事を書いてしまったので、今回は歯科医院の年末について書こうかと思います。

さて、年末が近づいてくると、皆さんいろいろと「今年のうちにやっておかなければ!」というアレコレを思い出すものですよね。

私も例に違わず、「あ、あの人と会ってご飯でも食べに行こうかな」とか「あ、気になっていたあのお店に行っておこうかな」とか「あ、美容院行って綺麗にして新年迎えようかな」とか。
そしてそのような流れで皆さんお気づきになられます、「あ、歯医者途中で行かなくなったままだったな」「あ、歯石でも取ってもらいに行こうかな」と。

playmobil_dentist

偉いっっ!!!
(本当は途中で中断せずに治療完了まで来てほしいのですが、いろいろご事情もおありでしょうしね・・・)

ご自身の口腔内に意識を向けることができるというのは、とても良いことですね。
ぜひ予約を取って、いらして下さい。

では今年最後の一句を。

『年忘れ 歯医者の予約は 忘れずに!!』

飯田橋 歯医者|オリオン歯科 飯田橋ファーストビルクリニック

日付:  カテゴリ:未分類

来週はクリスマス

こんにちは 寒風のせいで真っ赤なお鼻と頬の歯科医師田村です。

今年もクリスマスまであと一週間ちょっととなりました。
今日は朝から、お久しぶりの患者さんが何人かいらしてくださって、懐かしさと嬉しさで、気持ちがほこほこしております。
もしやサンタクロースからのプレゼントなのでは!?と思ったり思わなかったりしております。

honobonosanta1

さて、今年のクリスマスご飯はどうしようかな?と、最近頭を悩ませております。
去年はスタッフでクリスマスっぽいお料理を一人一品ずつ持ち寄って、ランチタイムにささやかにクリスマスっぽさを味わったのですが、今年は24・25日が土日のため、そのようなことも出来ず・・・

では、お久しぶりの「ここで一句」コーナーです♪

『クリスマス サンタも予防を 気にします』

クリスマスの夜には全国、いや、全世界にサンタクロースがプレゼントを用意して出現することでしょう。
子供さんへのプレゼントはおもちゃが大半かと思いますが、中にはお菓子製造玩具やお菓子そのものをプレゼントするサンタもいるでしょう。
さてそんな時、思い出して下さい!サンタクロースは虫歯予防で有名な北欧の出身だということを!!
可愛い子供たちの口腔内の健康をも考えるサンタでありたいと思いませんか?
どうぞお菓子系のプレゼントと共に、歯科医院への定期的なメインテナンスや治療へと、気を配ってあげて下さい。
では全国のサンタさん、来週末はお仕事頑張って下さい☆

ちなみに私が子供の時にサンタに貰って嬉しかったものは「シルバニアファミリーの家」と「ままごとトントン」でした。
それらは今もあるのでしょうか???

飯田橋 歯医者|オリオン歯科 飯田橋ファーストビルクリニック

日付:  カテゴリ:未分類

驚きの・・・

こんにちは、歯科医師田村です。

さて、前回のブログで「もしトラ」だったらどうしよう!?という内容を書いたわけですが、「もしトラ」が現実になってしまいましたね。
個人的には急激な円高の行方に大注目しているわけですが、アメリカ生まれアメリカ育ちの親戚がヘイトクライムの対象になっていないか心配です。

そういえば「もしトラ」によるストレスでもあったのか、先日歯磨きをしていて歯が凍みることに気付きました。
早速レントゲンを撮影してみたところ、なんともありませんでした。
ところが、よくよく見てみると、なんと左下親知らずの一部が欠けてなくなっていました。

erabikata2

患者:歯科医師田村
担当医:歯科医師 田村
診査結果:「睡眠時の食いしばりによる歯冠破折」
治療方針:経過観察

ということでした。
2週間もするとしみなくなったので、良かった良かった♪

皆さんも口腔内の調子が悪いときは、是非ご相談ください。

飯田橋 歯医者|オリオン歯科 飯田橋ファーストビルクリニック

日付:  カテゴリ:未分類

apple

こんにちは 歯科医師田村です。

最近リンゴが流行っていますね。
Apple社のiPhoneの人気は以前からずっと衰えていないのはもちろんで、2ヶ月程前から爆発的人気となったピコ太郎のPPAP(Pen-Pineapple-Apple-Pen)もしかり。

そして今朝のニュースで紹介されていた最新のapple、その名も「Dentapple デンタプル」です。

dentapple.jp より

dentapple.jp より

リンゴ農家さんとアプリ開発の方、そして歯科医師が共同で開発した「リンゴをかじってアプリで口腔内・顎関節の健康チェックをしよう」というものらしいです。
どうやら昨年から始まったんだそうな・・・(全然知りませんでした)
昨日は11月8日、いい歯の日でしたからね、それに向けてのプロモーションでこの時期になったんでしょうね。
ちなみに私は桃と梨が好きです☆

ところで今日は11月9日、いい句の日ですね! ←勝手に今つけました
それではここで一句。

『秋空や 良い国作って(懇願) U.S.A』

今日は朝からアメリカ大統領選挙の開票速報が気になって、しかたありません。
もしもトランプ氏が大統領になってしまったら!?(←「もしトラ」と略すんだそうですよ)
もしトラだと世界はどうなってしまうんでしょうか???
イギリスのEU離脱をかけた国民投票の時も固唾を飲んで見守っていた訳ですが、世界の将来が見えずに不安がつのりますね。。。

飯田橋 歯医者|オリオン歯科 飯田橋ファーストビルクリニック

日付:  カテゴリ:未分類

歯がしみる

初めまして、歯科医師の市川です。

最近、一段と寒くなりましたね。

この時期は風邪を引かれる方が多いと思いますが、体調管理には気をつけていることと思います。

お身体だけでなく、お口の中の管理もとても大事です。

今回は症状でよく聞く、『歯がしみる』ことの原因についてお話しようと思います。

歯を磨く時、冷たいものを飲んだ時、熱いもの含んだ時、甘いものを食べた時など歯がしみたりした事ありませんか?

1. 歯を磨く時しみる

歯と歯茎の境目がピリッとする場合は、歯茎が下がって根の部分が見えてきたころに、よく症状として現れます。この場合、歯磨剤の多用も一つの原因になってることが多いようです。1週間〜1ヶ月間歯磨剤を使わないでみると、症状がおさまることがほとんどです。  
後、適度な力で磨く事です。力を込めてゴシゴシ磨くと歯は削れてしまいます。

2. 冷たい物がしみる

前述で述べたことと同時に起こるのが多いです。治療直後の歯、虫歯になってる歯、歯にひびが入ってる歯などで起こります。歯科医院を受診して知覚過敏のお薬を塗ったり、歯磨剤を使わずに歯ブラシをすることをお勧めします。

3. 熱い物でしみる

この場合は、重度の虫歯があるか、歯の神経がかなりダメージを受けている場合です。噛む力が強い高齢者では、虫歯でなくとも歯にひびが入り割れて症状を起こしている場合もあります。

4. 甘いものでしみる

これは、ほとんど虫歯が原因になっています。痛みがおさまったからと言って安心せず歯科に受診して下さい。

一緒に歯の健康を考えて、治療をしていきましょう。

 

 

 

 

 

 

飯田橋 歯医者|オリオン歯科 飯田橋ファーストビルクリニック

日付:  カテゴリ:未分類

ガムとグミ

こんにちは 歯科医師田村です。

突然ですが、ガムは顎の発育に良いとされています。

繰り返し「噛む」ということで顎を動かす筋肉を鍛え、噛む刺激が歯を通じて骨に伝わり、歯を支える骨も鍛えられて強くなります。そして「噛む」ことで唾液を作る細胞が刺激され、唾液が出やすくなってきます。唾液にはむし歯の病原菌が作り出す酸を薄める作用がありますし、抗菌成分も含まれているので、むし歯や歯周病に対抗する作用があります。また、唾液は口の中全体を潤してくれるので、からっからに乾いた食べ物であても、噛みながら唾液と混ぜて食塊(食べ物が噛み砕かれて混ぜ合わさった塊のこと)を作り、スムーズに喉の奥へと流し込めるのも唾液のおかげです。シェーグレン症候群という唾液が少なくなってしまう病気の方は、口の中が乾いてヒリヒリ痛んだり、食べ物が飲み込みづらくなってしまい、とても辛い思いをされます。

 

さて、話は逸れてしまいましたが、ガムを噛む事は利点がたくさんあるというわけです。

ところがそんな良い事だらけのガムですが、ガムが苦手な人というのもいるものです。

「ガムが嫌いなのは誰だ〜い?」

「・・・あたしだよっ!!」

 

古かったですね。。。わからない方もいるかもしれませんね。。。

ガムの粘りとかクッチャクッチャした音とかが苦手なのです。

共感して下さる方、そんな方にはグミをお勧めします☆しかも硬めのグミです。ドイツの熊の形をしたグミなどは、とても硬くて個人的にはお勧めです。

mig

同じグミでも表面に砂糖がついているニョロニョロした形のグミなどは、とても柔らかいグミなので、個人的にはお勧めできません。

 

ちなみにガムといえば「キシリトールってどうなの?」という質問が上がってくると思いますが、それはまた次回のテーマにしたいと思います。

飯田橋 歯医者|オリオン歯科 飯田橋ファーストビルクリニック

日付:  カテゴリ:未分類

温泉大国 日本という国に生まれて...

おはようございます、歯科医師 田村です。

東京はいろんな誘惑が渦巻いているところで、ここ数日は友人や同僚たちと仕事帰りにご飯を一緒に食べに行く事が多く、胃腸だけでなく心身共に日々疲れが蓄積しているのを感じています。

 

「・・・あ〜、温泉行きたい!!」

ちなみに好きなお風呂は寝湯です☆

 

それはさておき、歯科治療中の方で温泉への入湯がお勧めできない方がいる、ということをご存知ですか?

それは・・・

1)抜歯や手術を行った直後の方

温泉に限らずですが、湯船に浸かると血行が良くなって体がぽかぽか温まりますよね。抜歯したり手術した方は、医院では血が止まったのを確認してからお帰りいただくのですが、術後1−2日は血が出やすい状態が続きます。血液サラサラになるお薬を飲んでいる方は、おそらくもっと長い時間出血に気をつけなければなりません。

担当医や歯科衛生士、または歯科助手から「傷口に触れない、過度にうがいをしない、湯船につからない、運動しない、お酒を飲まない」等の注意を受けると思いますが、せっかく癒されに行って出血してしまったら大変ですね。

 

2)歯根の先に膿が溜まっている方や細菌性の感染がある方

3)重度歯周病の方

膿が溜まっていたり歯肉などに腫れのある方は、体が温まることで強い痛みを引き起こしたり、血流が良くなることで腫れのある部分により血が溜まって腫れが大きくなることがあります。

 

上記に当てはまる方々、くれぐれも無理せず、しっかり治療を行ってから癒されに行くようにお願いします。

草津温泉 看板娘の「ゆもみちゃん」

草津温泉 看板娘の「ゆもみちゃん」

飯田橋 歯医者|オリオン歯科 飯田橋ファーストビルクリニック

日付:  カテゴリ:未分類

歯ぎしりのお話

こんにちは、歯科医師 田村です。

今週はどんよりした天気が続きますね。

お肌のために日焼けはしたくないですが、曇りや雨は気分もどんよりしてしまいますね。

 

さて、今日は「歯ぎしり」についてお話します。

歯ぎしりと聞いてイメージするのは、「寝ている時にギリギリ音をさせるやつ」というイメージが強いかと思います。

ところが我々専門家の使う「歯ぎしり」という言葉は「ブラキシズム」ともいい、いくつか種類があるのです。

 

1)クレンチング

いわゆる「食いしばり」のことです。上下の歯を噛み合わせて、そのまま力をぐーっと込めます。漫画やドラマでは、悔しい時や何かに耐える時にやっているイメージですね。

漫画「ラッキーマン」より 『努力マン』

漫画「ラッキーマン」より『努力マン』

 

2)グラインディング

いわゆる「ギリギリ音をさせるやつ」のことです。上下の歯を噛み合わせ、横方向もしくは前後方向に動かすことです。これにより歯の噛み合う面は平らにすり減り、歯の内部にある象牙質というやや黄色みがかった部分が見えてきます。

グラインディングですり減った前歯

グラインディングで  すり減った前歯

 

3)タッピング

いわゆる「カチカチ音をさせる」というものです。極寒の地で寒さのあまり自然と体がガタガタと震え、顎も震えると共に上下の歯がカチカチと合わさるイメージです。(あくまでもイメージです)あるいは小刻みな貧乏ゆすりをしながら、歯もカチカチ合わせてしまうような感じでしょうか?実際のところ、このタイプのブラキシズムの患者さんはとても稀で、なかなか遭遇することがありません・・・

本文とは関係ありません

※本文とは関係ありません

 

上述したようにタッピングはとても稀で、主にクレンチングやグラインディング、またはそのどちらもという方も結構多いようです。

ちなみに私自身も学生時代、試験前はよく勉強しながら考え込みクレンチングする、ということがありました。

起きているときのブラキシズムはご自身で止めることが出来ますが、寝ているときのブラキシズムは・・・

 

 

・・・ぜひ当院にご相談ください☆

飯田橋 歯医者|オリオン歯科 飯田橋ファーストビルクリニック

日付:  カテゴリ:未分類

年末年始の診療に関して

こんにちは。歯科医師の山崎です。

師走も終わりに近づいていますが、いかがお過ごしでしょうか。

当院の年末年始の診療は以下のようになります。

12月26日(土) 通常診療

12月27日(日) 休診

12月28日(月) AMまでの診療 PMは17時まで急患対応のみ受付

12月29日(火) から 1月3日(日) 休診

1月 4日(月) 10時より診療開始

1月 5日(火) 通常診療 開始

それでは皆様、良いお年をお迎えください☆

 

飯田橋 歯医者|オリオン歯科 飯田橋ファーストビルクリニック

日付:  カテゴリ:未分類

口内炎

こんにちは。満開の桜も散ってもうすぐ新緑の季節ですね。一年は早いものです。新しい生活を始めた方も多いのではないでしょうか?今日は、忙しかったり、疲れたりすると出来やすくなる口内炎のお話です。

口内炎とは、口の中の粘膜に炎症が起こった状態をいいます。口の中に原因があって起こる場合と、全身的な病気の症状の一つとして起こる場合がありますが、原因が不明なものも少なくありません。

<治療法>原因によって具体的な治療法が異なりますが、口腔清掃と刺激物の回避が重要です。口腔内を清潔にする為に軟らかい歯ブラシで歯磨きをします。さらにはうがい薬でうがいをします。(イソジン・ネオステリングリーンうがい薬0.2%・アズレンガーグル4%など)また、あついお茶・みそ汁・スープなどを避け、喫煙も控えます。さらに香辛料や醤油、塩味のものも避けます。

・潰瘍性口内炎                                  ウイルスや細菌の感染、全身抵抗力の低下(疲労や免疫不全など)が原因と考えられて います。粘膜の発赤、潰瘍形成、黄白色の偽膜形成が主な症状であり、出血しやすく、 自発痛、強い接触痛、口臭、灼熱感、発熱、所属リンパ節の腫脹、および全身倦怠感を 認めます。

・壊死性潰瘍性口内炎                               重症の栄養障害、免疫機能の低下、重症感染症などが原因となります。        急速に潰瘍を作り、初期病変は急性壊死性潰瘍性歯肉炎と呼ばれ、歯の周りに歯肉に限 局した潰瘍で、上あごや粘膜など広範囲に拡大すると急性壊死性潰瘍性口内炎となりま す。高熱や食欲減退などの全身症状を伴います。

・アフタ性口内炎                                原因は不明です。口腔粘膜の広範囲に多数のアフタを形成します。自発痛や接触痛を主 に訴え、灼熱感があり、稀に接触困難となります。口腔内の清掃、副腎皮質ホルモン軟 膏の塗布、栄養補給が有効です。

 

飯田橋 歯医者|オリオン歯科 飯田橋ファーストビルクリニック

日付:  カテゴリ:未分類