歯科金属アレルギー外来|金属アレルギーの検査と治療
口臭外来|口臭検査と治療

お知らせ

食べ物がつまる

明けましておめでとうございます。新年のご挨拶がだいぶ遅くなってしまいましたが皆様

体調など崩されてないでしょうか・・?

歯科衛生士の栁川です。今日は食べ物が詰まる原因について少しお話ししたいと思いま

す。まず最初になにも治療していないと歯がそのようになる原因としては

歯並びによるものが考えられます。もともと歯と歯のあいだが広かったり狭かったり、というところですね。

それから歯周病が進行する事による場合も考えられます。

一度治療したところに詰まるようになってしまった場合はまた二次的にむし歯になってしまっている。。という事も結構多いです。

食べ物が挟まるというのはお食事するたびに起こると思うのでそのまま放置せず、いちど

歯医者さんに見てもらって下さいね。

 

 

 

 

 

飯田橋 歯医者|オリオン歯科 飯田橋ファーストビルクリニック

日付:  カテゴリ:未分類

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます。

歯科医師の山崎です。

多くの皆様のおかげで、本年も診療を開始することができました。

本年も宜しくお願い申し上げます。

当院は本日より診療を開始いたしました。

年明けお餅などを召し上がって詰め物や差し歯が取れてしまった方もいらっしゃるかと思います。

何かありましたらお気軽にご連絡下さい。

飯田橋 歯医者|オリオン歯科 飯田橋ファーストビルクリニック

日付:  カテゴリ:お知らせ

知覚過敏症のお話

こんにちは。

歯科医師の山崎です。

今月に入り、突然気温が下がってきましたが皆さんは体調を崩したりはしていませんか?

今月に入ってから『歯がしみるのですが〜』とよく患者さんがおっしゃいます。

0001

『歯がしみる』というのは歯に刺激が加わると歯の神経(歯髄:しずい)がその刺激をを感じ取る事によっておこる症状です。

今までは感じなかった感覚を感じるようになってしまったので、知覚が過敏な状態になってしまっているんです。

今月に入り、気温がぐっと下がった事によって水道水の温度もずいぶん下がりました。

お口の中温度と水の温度の差が大きくなったことにより刺激が強くなってしまいました。

今までは感じなかった感覚を感じるようになってしまったので、知覚が過敏な状態になってしまっているんです。

朝起きた後の歯磨き後、お口をゆすいだ時に歯がしみるのはこのような事からです。

ぬるま湯でしみないのであればさほど心配しなくても大丈夫ですが、ズキンとした痛みがある場合などは一度相談した方がいいと思います。

 

当院は12月26日(金)までは通常通りの診療を行なっております。

12月27日(土)は17時まで急患のみの対応となります。

12月28日(日)〜1月4日(日)を休診とさせて頂きます。

2015年は1月5日(月)10時より診療致します。

なにか心配な点などありましたら、ご連絡ください。

飯田橋 歯医者|オリオン歯科 飯田橋ファーストビルクリニック

日付:  カテゴリ:お知らせ, よくある質問

年末年始休診日のご案内

こんにちは。

歯科医師の山崎です。

当院は12月28日(日)〜1月4日(日)を休診とさせて頂きます。

*12月27日(土)は17時まで急患のみの対応となります。

2015年は1月5日(月)10時より診療致します。

年末年始は休診となる歯科医院が多いですので、つめものが取れてしまったまま方や最近気になる箇所がある方などは年内の受診をオススメします。

気軽にご連絡ください。

飯田橋 歯医者|オリオン歯科 飯田橋ファーストビルクリニック

日付:  カテゴリ:お知らせ

ホワイトニングのご案内

こんにちは。歯科医師の山崎です。

12月に入り、より寒くなってきましたね。

北海道は雪が降らなくて困っているようですが、寒いのが苦手な私はこの寒さでもこたえます。

さて、表題のホワイトニングの件ですが、以前にもこちらでお知らせさせて頂きましたが当院ではご好評頂いているホワイトニングをオススメしてます。

年内施術に限り、

オフィスホワイトニング(クリニックでやる方法です)   4万円→3万円

ホームホワイトニング (ご自宅でやる方法です)     3万円→2万円

デュアルホワイトニング(上記2つを療法とも行う方法です)7万円→5万円

でご提供させていただきます。

年内施術ですので、今月がラストチャンスです!

年明けより心機一転、口元の印象を変えてみてはいかがですか?

お気軽にお声かけくださいね!

飯田橋 歯医者|オリオン歯科 飯田橋ファーストビルクリニック

日付:  カテゴリ:お知らせ, 審美治療

セミナーに参加してきました

こんにちは、歯科衛生士の菊地です。

なんだかすっかりお久しぶりになっちゃいました。。

 

11月24日にノーベルバイオケアというインプラントのメーカーが開催するインプラントのアシスタントセミナーに参加してきました。

IMG_6858

 

臨床経験が17年もある先輩衛生士さんによるインプラントのメインテナンスで使用する器具や機材、またアシスタントをするうえで知っておかなければならない知識などについて学ばせていただきました。

大変勉強になりました。

日々の診療に活かせていきたいと思います。

それでは☆

IMG_2234

 

 

 

 

 

 

飯田橋 歯医者|オリオン歯科 飯田橋ファーストビルクリニック

日付:  カテゴリ:未分類

よい歯をつくるには

こんにちは、受付の鎌田です。

最近は寒さが増し日が暮れるのも早くなりましたが皆様はいかがお過ごしでしょうか??

前回、よい歯をつくる栄養素の働きについてお話しましたが今回はその栄養素が含まれる主な食品についてお話したいと思います。

『よい歯をつくる食品表』

・良質なたんぱく質・・・・あじ、卵、牛乳、豆腐

・ビタミンA・・・・豚肉、レバー、ほうれん草、にんじん、バター

・ビタミンC・・・・ほうれん草、みかん、さつまいも、キャベツ

・カルシウム・・・・ひじき、チーズ、しらす

・リン・・・・米、牛肉、豚肉、卵

・ビタミンD・・・・バター、卵黄、牛乳

 

これらの食品に含まれていると言われてますが、あまり偏りすぎず、バランスよく食べる事が一番大切かもしれませんね☆

飯田橋 歯医者|オリオン歯科 飯田橋ファーストビルクリニック

日付:  カテゴリ:未分類

スポーツと歯に関するお話

こんにちは。歯科医師の山崎です。

すっかり寒くなってきましたね。

食欲の秋、スポーツの秋などといいますが、すっかり冬の寒さになってきている気がします。

食欲の秋ということもあり、何かと食べたりする機会が増えると思いますので、食後の歯ブラシをしっかりしなくてはと常々思うのですが、今日は後者のスポーツをお口の中の関係について少しお話をしようと思います。

スポーツと歯の関係性と言われてもいまいちピンとこない方も多いかと思いますが、ボクシングやキックボクシングなどのコンタクトスポーツやサッカー、野球、ラグビーなどの球技の選手がスポーツマウスピースをしているのを見た事もあるかと思います。

あれはマウスガードを呼ばれるもので、スポーツ中の口の中の怪我を予防するための物です。

スポーツ中は日常生活よりも断然怪我をするリスクは高くなります。

せっかく毎日頑張って歯磨きをしていても、怪我によって歯を失うことはとても残念なことですよね。

ボクシングなどの多くの格闘技はマウスガードの装着が義務化されていますし、高校生のラグビーや女子ラクロスなどもマウスガードの装着が義務化されており、マウスガードをしていないと試合に出られない競技もあります。

マウスガードにはいくつかのタイプがありますが、オススメは断然歯医者さんで作るマスタムメイドタイプのマウスガードです。

競技の種類やポジション、年齢や競技レベルによって推奨されるマウスガードのタイプは異なりますので、その人にあったものを装着することが好ましいです。

僕は大学院でスポーツ歯学というものを専攻し、たくさんのスポーツ選手のマウスガードの作成やお口の中のケアをしてきました。

また、マウスガードの作り方を教えるインストラクターの資格ももっていますので、より詳細なお話ができると思います。

スポーツの秋、新しくスポーツを始める方や久しぶりに体を動かす方も一度歯医者さんでのチェックを受けてはいかがですか?

 

飯田橋 歯医者|オリオン歯科 飯田橋ファーストビルクリニック

日付:  カテゴリ:未分類

PMTC その2

PMTCの流れをご説明しますと

まず最初にエアフローという機械を使って歯の表面に着いてる着色やバイオフィルムを落とします。どうしても着色が落としづらい歯と歯の間や歯の噛み合わせの溝の所なども落とす事が出来ます。頑固なタバコのヤニなども落とせます。

air02 air01

その後に歯の表面の凹凸を滑らかに研磨します。保険で行なう物とは違う機械を使って低速回転で研磨していきます。

amenibrush_01 ameniseries_01

最後にトリートメントをしていきます。

linamerutorito_01

トリートメントをすると歯の表面がツルツルになるので汚れや着色が着きにくくなりますし、着いても軽い力で落とす事が出来ます。

ご自身の歯を特別にケアしてみませんか??

ぜひ一度お試し下さい!

飯田橋 歯医者|オリオン歯科 飯田橋ファーストビルクリニック

日付:  カテゴリ:未分類

顎関節症1

こんにちは、衛生士の久保です。すっかり秋になり、果物が美味しい季節ですね。

 

今回は、顎関節症についてです。顎関節症は、顎関節や咀嚼筋などの疼痛、関節音、開口障害や顎運動異常を症状とする病気です。(耳の痛み、耳閉感、難聴、めまい、眼精疲労、頭痛、や首・肩こりなどの症状が出る時もあります。)

原因は、複合的なものが多く、

異常な開閉口運動・ブラキシズム(歯ぎしり)・合わない被せものや義歯の装着などが原因の噛み合わせの異常や筋緊張によるものと言われています。

また、大開口・笑い・歌唱・寝違え・頬杖などの生活習慣や、仕事の変化と肉体的心理的ストレスの相乗作用によって起こるとも言われています。

 

顎関節症の治療は、原因の除去をする治療法が主となり、顎の安静や咬合異常の整復を目的としたスプリント療法、薬物療法、理学療法、鍼治療などがあります。

スプリント療法は、いわゆるマウスピースを利用する事で噛み合わせを調整する方法です。「前噛み」「奥噛み」などによる顎への負担を減らす効果があるため、治療法として一般的です。

 

飯田橋 歯医者|オリオン歯科 飯田橋ファーストビルクリニック

日付:  カテゴリ:未分類